かるくウルルン
 昨日から一泊だけホーチミンよりさらに南のメコン川に浮かぶトータス島に行き、ホームステイさせてもらった。ツアー会社でやっている企画なのだが、英語も日本語も通じない人たちと生活を共にするに惹かれて参加することにした。人口250人ほどのすごく小さな島で、道もなく、人が歩くところは獣道を歩きやすくしたか感じのとこだけで、島一周多分一時間あれば歩けるぐらい。自然いっぱいで夜は蛍が見れたりして。
 しかし島民はたくましい。違う島に米を買いに行ったときも60,70キロある米袋を軽々運ぶし、(自分は5歩でくたっばた)男も女も体つきが違う。男性は比較的物静かなの分、特に女性が強い。僕ももいつの間にか何言われても「はい、はい」って言うこと聞いてたし。それは子供でも同じで、なんか遊んでるってより遊ばれてる感じ。自分がつまらなくなるとすぐ帰っちゃうし。女はどこでも難しいもんだと思った。それでも子供はすっごく無邪気で、暇してるとすぐ「こっちであそぼっ」って感じで遊んでくれるんだけど。
 なんかカンボジア、ベトナムあたりではバトミントンの羽のようなものをを蹴鞠みたいに遊ぶのをたまにみかける。なかなか難しいんだけど、うまいおっさんはかなりテクる。
 一泊だけだったっし、お客様って感じはあったけど、それでも今までにない新鮮な体験だった。d0013745_1444346.jpg
[PR]
by kazuki-ishihara | 2005-05-26 19:58 | ベトナム
<< ニャチャンの誘惑 うまい飯 >>