うまい飯
昨日、4カ国目となるベトナムに入国。カンボジアの首都プノンペンからベトナムのホーチミンまでツアーバスで行くことにした。休憩と国境での待ち時間を合わせて6時間半のバス旅。道も舗装されていて、カンボジアに入ったときとは大違いの楽な国境越えだった。ベトナムのイミグレのおじさんが笑顔で入国カードを親切にも書いてくれて、その後「$1置いてけ」って言われたときにはびっくりしたけど、そういう賄賂を請求する役人が東南アジアは多いって聞いてたからもちろん無視。入国審査のおじさんがパソコン打つのがめちゃくちゃ遅くて、ぜんぜん込んでないのにかなり待たされたがすんなりと入国できて、いざホーチミンへ。カンボジアもバイクがめちゃくちゃ多いと思ったけど、ベトナムはそれ以上で、凄い騒音だ。
ホ-チミンに着くと早速宿探し。一応情報をプノンペンで仕入れておいたので、客引きを振り切り、候補の宿をあたる。結局日本人がよく利用する、「ほうれん荘」に決定。ドミトリーで$3。
夜、同じ宿に泊まってる日本人5人で近くのレストランへ食事へ行くことになった。これだけの大人数で飯食うのは久しぶりで、テーブルいっぱいに並べられた料理にかなりテンションがあがった。味もなかなかよかったし、やっぱり大人数でいろんな話しながら食べる飯はうまい。腹いっぱい食って、ビール飲んでだいたい300円くらい。ちなみに今日は帰るのからあげを食べた。食べたのは二回目だったけど、一緒に行ったドイツ人のマリアスは初めて食べて「うまい、うまい」って喜んでいた。チキンみたいでかんじで、それに臭みもなくさ油っぽくもなく、美味かった。
ここは飯が美味いし、人もそんなにしつこくないようだしバイクがうるさいことを除けば居心地よさそうだ。                                       
[PR]
by kazuki-ishihara | 2005-05-23 21:19 | ベトナム
<< かるくウルルン inパンガン島 >>