チベットBY闇バス
長時間の電車移動を終え朝10時ごろにゴルムー駅に着き、ガイドブックに書いてある安宿目指して歩き始めた。この日はゴルムーで一泊して、明日チベットの聖都ラサを目指すつもりだった。歩き始めてすぐ「ラサ、ラサ」と一人の男が近づいてきた。どうやらラサ行きのバスの客引きのようだ。僕はその男について行くことにした。まず値段交渉をして、高ければ予定通りここで一泊してまた違うバスを探せばいいし。
実はチベット自治区に行くためには、パーミット(入境許可書)というものが必要になる。これは単体では習得できなくてチベットに行くにはツアーのようなものを組まなければいけない。そのため外国人は地元民が利用するローカルバスには乗れないようになっている。
ツアーを組む場合多くの人が利用する成都からの空路なら安くて1,900元(約28000円)くらい。ちなみにツアーといっても片道ラサまでの移動費(1時間ほど)とパーミット代でこの値段。ゴルムーから陸路のツアーもあるようだが1500元くらいはすると思う。
高すぎる。ローカルのバスだとゴルムーから一人300元ほどでラサまで行くことが出来るのにもかかわわらず、外国人はこの多額の費用を払わなければチベットに行けないようになっている。外国人から多くの金を落とさせようとする中国政府の悪どいやり方だ。そこで旅行者の中には(特に日本人)は中国人になりすましてバスに乗り込んだり、何人かでタクシーをチャーターしてラサを目指す人が多い。チベット自治区に入る手前、いくつか不法入境者をチェックする検問所があるらしいが、ここで外国人として見つかるとまたバスごとゴルムーまで戻らなければいけない決まりのようだが、実際賄賂を数百元払えばすんなり通してくれるらしい。僕ももちろんそんな高い金払いたくないしそのローカルバス(通称、闇バス)にでチベット入りするつもりでここに来たというわけ。
 客引きのおっちゃんははじめ「1000元だ!!!」とかなり吹っかけてきが、粘り強く交渉した結果500元まで落ちたのでその値段で乗ることにした。 300元と言うのは地元民価格でなかなか外国人をみなと同じ値段では乗せてくれない。運転手たちも外国人を乗せているのを公安(警察)に見つかると面倒なので、見つからないように色々工夫するらしい。その手間賃が上乗せされると言うわけ(と思う)。バス側としてもいい商売だ。聞いた話では500~700元が相場のようなので、かなりいい線いっている。
 すぐにはバスが出ると言っておきながらバスの乗客をいっぱいにするため結局昼の1時ごろまで待たされて、やっと出発。バスの中にには僕のほかにアメリカ人の男が一人。こいつはどうやって検問をすり抜けるつもりだろう少々疑問に思ったが、まあなんとかなるのだろう。足手まといだけはやめてほしい。
 バスが出て30分位したところで、バスを路肩に止め、運転手のチベタンのおっちゃんが僕らのところにやって来た。彼は「もうすぐ検問があるから隠れろ」と言って寝台バスの床板を抜き始めた。なんと床板の下に人がぎりぎり潜りこめる位の狭い空間があった。床の上にはカーペットのようなものを引いていたのでこれじゃあ気づきようがない。僕ら外国人二人は床下に毛布を敷き潜り込んだ。床下は暑いし空気も埃っぽい。居心地は当たり前だが悪い。僕の足の後方にアメリカ人のがいるので、彼は僕の足の臭さもあわせてさらにつらいことだろうと思う。バスが止まり上から聞こえる足音で検問所に着いたことを察した。どのように公安が乗客を調べるか知らないが、隠れるときおっちゃんがせかすもんだから僕は上に荷物を置きっぱなしにしてきてしまったのでそれでばれないか心配になった。バスがまた走り出した。なんとか一つ目の検問は無事通過のようだ。まだ1,2個検問があるらしいからあとどれくらいこの中にいるのだろうと少し不安に思っていたのだけど、いつのまにか寝てしまっていた。
 運転手のおっちゃんに起こされて、床下から脱出する。寝ていたので体中は汗まみれで埃まみれ。おっちゃんは無事に検問を通過できたのでかなり嬉しそうだった。僕らに笑顔で「サンキュー、サンキュ-」と何度もいってきた。僕も無事通過できてほっとしていたが、おっちゃんの笑顔を見てさらに嬉しく思った。僕たちは握手を交わした。窓の外を見ると景色がまったく違っていた。大きく広がる青空に、回りはごつごつした木が生えていない山。その山々の間を一本アスファルトの道が通っている。今までに見たことの無い景色を見てとうとうチベットに来たんだという実感がわいてくる。バスはひたすら走り続ける。遠くには頭が雪に覆われた山も見える。
そんな景色への感動も疲れで長く続かなかったので、とりあえず寝ることにした。しかしなかなか深く眠れない。寝に入ってもすぐ起きてしまう。そのうち道も未舗装道路になって揺れが激しくよけい眠れない。しかもありえないくらい揺れる。日が暮れて(ここは遠く離れた北京時間を使わなくてはいけないから日が暮れるのは9時くらい)やっと眠りにつくことができた。それでも激しい揺れに何度も起こされる。しかもなんか寒いと思ったら窓が壊れていてバスが揺れるたびに少しずつ開いていくので、そこから入ってくる隙間風が冷たい。もちろんこの道もへいきん4000mくらいの高さを走ってるから外の気温はかなり低い思う。幸い寝台バスは僕の席はぎゅうぎゅう詰だったから毛布と隣のおじさんの体温でかなり暖かかった。
途中5000m越えの峠を越えたあたりで少し吐き気と頭痛。夏にスェーデン走った後並みの吐き気。今まで高山病と無縁だった僕の体もこの強行移動にかなりまいってるらしい。チベット入境早くも後悔。1時間くらいの死闘のすえ高山病にも打ち勝ったがそれでほとんどの体力を消耗し 残りのラサまでの時間も終始グロッキー状態。15時間くらいと聞いていたがまったく着く気配がない。いくつか町を通り過ぎ、その度にラサ到着の期待は裏切られ。メンタルはボロボロ。結局翌日朝の10時ころに聖都ラサ到着。20時間のバス旅だった。雨季で道が悪く時間もかかったみたいだ。始めて見る聖都ラサは思ったより大都会。もちろん前から聞いてはいたけど。まあとりあえず無事ラサ到着できたことによしとする。
[PR]
by kazuki-ishihara | 2005-08-14 11:58 | 中国~チベット
<< 決戦前夜 別れ、一人電車の中で >>